1. HOME >
  2. 企業情報 >
  3. 環境への取り組み

SAFETY MANAGEMENTS

安全環境管理

安全環境への取り組み

限られた地球上の資源を有効活用し、地球環境を守ってゆくために、従来の大量生産・大量消費社会から循環型社会へのシフトが、物流へも大きく求められる時代となりました。

わたしたちは、物流というシステムの中において低公害車両の導入、配送に関わる梱包資材の低減化等をはじめ、新たな設備投資、輸送システムの改善を積極的に推進し、環境を意識した企業として成長するとともに、センコーグループ全社目標である『安全マネジメントシステの推進』のもと、安全性の確保、また安全性を阻害する要因の排除をめざし、グループ内外を含めた安全環境管理活動を展開しています。

この活動を着実に推進する事で、事故災害の撲滅、環境保全の推進、更には企業利益という概念を超え、社会的な利益の貢献を目指す『存在価値のある企業』として、皆様からの信頼をいただくとともに、企業競争力の向上を目指してまいります。

環境への取り組み

安全管理体制

総括安全衛生管理者と安全管理者が一体となった管理体制

我が社では、総括安全衛生管理者と安全管理者を結ぶ安全管理体制を構築しています。 我が社を統括する総括安全衛生管理者(社長)の下、各営業所所長の安全管理者が所属組織の安全管理の全権を担っています。事故・災害・クレームが発生した場合には、事故災害報告基準に基づき迅速に報告が行われ、個々の事案に応じた対策を速やかに実行することができます。
総括安全衛生管理者が必要と判断した場合には、専門知識を有した専任安全衛生担当を現地に派遣し現場支援にあたるなど、総括安全衛生管理者と安全管理者が一体となって、再発防止の徹底を図ります。

強い現場・卓越した現場を目指した人材育成

他社との差別化を図るためにセンコー独自の教育形態を基にした様々な教育ツールを使用して社員だけでなくパート従業員も含めた人材育成を行っています。

倉庫・車両実務研修

倉庫・車両のエキスパートを育成するために基礎~初級~中級~上級~最上級とそれぞれ段階を踏んで次の級に昇って行くことで倉庫・車両の知識を身に付けて行くことができます。

物流基礎研修

センコー本社の人材教育部と連携をとり社員のスキル向上を進めています。

トレーナー制度の活用

現場で働く従業員を対象にしたトレーナーによる『地区訓練』を毎年定期的に開催し、 『強い現場』を支える技術力の向上と次世代への継承に取り組んでいます。

資格取得へのバックアップ

我が社では物流業を営む上でコンプライアンス上必要と思われる資格に対しては免許取得を支援致します。また教育施設のクレフィール湖東ではフォークリフトの免許を社内で取ることができます。

安全マネージメントシステム

法令順守の徹底を図るため『安全実力度評価』という内部監査を毎年実施しています。 この監査では、法令順守はもちろんのこと、法令以上の先進的で高レベルな取り組みについては『見える化』を図り、全社展開を進めています。
『安全実力度評価』で指摘された改善項目は、定められた実施手順に従い改善を図ります。 マネジメントの基本である、PDCAサイクルが確実に回り、スパイラル化することで、法令を順守し、より安全・安心な職場づくりと社会からより高い信頼がいただける企業経営を目指しています。

環境への取り組み

環境推進体制を整え、グループ一体での活動を推進しています。
『環境推進委員会』で環境負荷低減課題を検討するとともに、『グリーン物流推進委員会』では、モーダルシフトを中心にお客様と一体となった環境負荷低減の取り組みを行い、環境に優しい物流サービスの実現を目指します。

グリーン経営認証の取得

センコーファッション物流㈱は『グリーン経営認証』の取得をしています。
グリーン経営認証とは一般貨物自動車運送事業者などが、特に環境に配慮した事業者として『交通エコロジー・モビリティー財団』(国土交通省所管)より認証を受ける制度です。
センコーファッション物流㈱は社会的責任の一つとして地球温暖化、大気汚染などの環境対策を行って事業運営しております。
環境保全に関連する法規を遵守し、環境保全活動を推進しています。

環境への取り組み

地域貢献活動

各拠点の地域とのつながりを強固にしていくために行政と連携をとり行政が主催する活動や地域の小学校での安全教室など様々なことに積極的に取り組んでいます。